洗隷の艦2

制作
シナリオ Jkank
イラスト 小川小
孝至
ジャンル
発売日 2021/10/23
リンク DLsite

作品の傾向

傾向 ジャンル コメント
B 洗脳 各ステージごとに倒したキャラクターを洗脳し無力化する。趣向変化や性格変化、忠誠心の植え付けが主。洗脳の中の描写が少ないのが少し残念。
B 奴隷化 洗脳されたキャラクターは忠誠心を植え付けられ奴隷となる。元の性格からは大きく変化するものの自由意思自体は普通にある。
D ビッチ化 ベターエンディングにて主人公以外の仲間キャラが娼婦化。
E 悪堕ち 前作キャラはすでに堕ちた状態でゲームスタート。今作の新規キャラは洗脳後は無力化されることが多く悪堕ち要素は薄い。前作キャラの堕ちた後のキャラ描写が見たい人にはお勧め
E 退行 ヴィーザ洗脳イベントにて。知識を吸われ幼児期まで人格が後退する。

感想

サークル「コラプト」による洗隷の艦の続編。1作目「洗隷の艦」で堕としたキャラクターは初めからプレイキャラとして登場する。主人公が元居た帝国の領主たちが新たな敵としてステージごとに登場し、洗脳していく。今作では倒したボスは洗脳後は無力化されプレイキャラには加わらず、代わりに前作ヒロインが状態変化(パワーアップ)をする流れ。

シーンは前作キャラ:新規キャラで4:6くらい。前作キャラへのご褒美Hが結構多いので前作と比べるとMC要素は薄め。 洗脳は人格改変や趣向変化、忠誠心の植え付けなど尊厳破壊的な内容が多いが、主人公のヴィトニルが前作と比べ性格が丸くなっているのか作品にきつい印象は感じない。前作キャラとの絡みも調教というよりは絆を深めていくみたいな内容になっており女堕とすぞ!!というよりは良くも悪くもリーダー感が強くなっているヴィトニル様

プレイするのであればぜひ前作からプレイしてほしい作品。

個人的には洗脳中のシーンが少なかったのが結構残念。6キャラ中4キャラは洗脳描写がなく洗脳したの一言で洗脳完了してしまった。せっかく洗脳機械なんて開発したんだからもっとみせてくれー。次回作に期待。